Products

UAV通信プラットフォーム

(UAV: unmanned aerial vehicle、無人航空機)

概要

UAV通信プラットフォームは、遠隔地から多様・複数拠点・複数のUAV制御を実現するためのシステムです。管制システム(UTM)と連携することにより、現地にパイロットを派遣することなくUAVの制御や位置情報を把握し、遠隔飛行、自律飛行など各種の飛行制御に対応します。

UTM: Unmanned aerial system Traffic Management

製品の特長

UAV制御インタフェースの抽象化・高論理レベル化

業界標準のMAVLinkに対応することで、UAV機体種別や通信方式を隠蔽し、それらを意識することなく、管制システム(UTM)等の外部システムから様々な飛行制御を行なうことができます。

遠隔からのAPIによる手動操作対応

一般的なミッション飛行による飛行だけでなく、機体を前後左右等の各方向に移動させるAPIを提供します。このAPIを使うことにより、より細やかで高度な機体の制御が可能です。

プロトコル中継機能

機体から送信されるテレメトリを中継し、遠隔地にあるGCSと接続することができます。フリーの地上制御システム(GCS)アプリであるMission Planner とQGroundControlで動作確認済みですので、管制システムをお持ちでない場合でも遠隔地での運用が可能です。

MAVLink: Micro Air Vehicle Link

システム構成例

LTE通信モジュールやインターネットに接続可能な中継端末を使って、インターネット越しに複数機体の管制を行うことができます。更にVPNや映像伝送などを組み合わせ、よりセキュアで利便性の高い構成にすることも可能です。
利用条件に合わせてシステム構築から導入までサポートいたしますので、まずはお問い合わせください。

システム構成例 システム構成例_モバイル

製品仕様

  • ・Pixhawk互換のフライトコントローラ(PX4やArduPilot Mega)を搭載した機体に対応します
  • ・お客様のご用意されたサーバにインストールしてご利用いただきます

価格

下記の「お問い合わせ」より、お問合せ下さい。

関連アプリケーション開発

UAV通信プラットフォームのご提供に加え、カスタマイズやPoC、UAVを利用したアプリケーション開発などのご相談も承ります。

関連システム

空撮動画を使って捜索を支援する動画ビューア V2Patchwork

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

お問い合わせページはこちらから

※ UAV通信プラットフォームは、株式会社トラジェクトリーとの共同研究によって開発されたものです